stay_current_portraitコラム参考キーワードリストの使い方

ここではコラムのヒントとなる「コラム参考キーワードリスト」についてお伝えします。

コラム参考キーワードリストとは

コラム参考キーワードリストは、
「Pieceのユーザーが検索しそうなキーワードをまとめたもの」です。

コラムのテーマに迷ったときや、自分が書こうとしているコラムのテーマにどれぐらいの検索者がいるか(=どれぐらいのニーズがあるか)を知りたいときに、参考情報として利用してください。

⇒コラム参考キーワードリストはこちら

キーワードリストの各項目について

◆第一カテゴリー・第二カテゴリー
Pieceのコラムカテゴリーと同じです。

◆対象の状態
どういった状況の読者を対象にしているかを表します。

◆参考キーワード
実際に検索されているキーワードです。
このキーワードにたいする答えや解決策が、読者に求められている情報となります。

◆月間検索数
そのキーワードを検索している月間の人数です。
すなわち、どれぐらいの数の人が求めている情報かを表します。

◆関連性
Pieceユーザーと該当キーワードの関連性です。
関連性が高いほどPieceのユーザーとの相性が良いキーワードになります。

◆記事に含めてほしい項目
そのキーワードで検索している人が具体的に求めている内容です。
ここに書かれている内容を満たすことで、読者のニーズを満たすことができます。

実際にコラムを書くときの使い方

ここでは実際にコラムを書くときにキーワードリストをどう使うのかを説明します。

キーワードリストは下記の3ステップで利用します。

①まずはコラムを書くテーマ(=キーワード)を探す

まずはコラム参考キーワードリストの「参考キーワード」の中から気になるキーワードを探しましょう。

尚、キーワードの一覧はPieceコラムのカテゴリーに沿って並んでいます。

②キーワードを見つけたら「記事に含めてほしい項目」を見る

気になるキーワードを見つけたら、そのキーワードの右の列にある「記事に含めてほしい項目」を見てみましょう。

ここに記載されている内容が、この検索キーワードで調べている人のニーズをざっくりとまとめたものです。つまり、ここに記載されている内容について書けそうならばOKということです。

③書けそうだと判断したら書く!

ここまでを踏まえ、このテーマについてコラムを書けそうだと判断したらコラムを書きましょう。

尚、コラムの具体的な書き方はマニュアル『実践!コラムの書き方』を参考にしてください。

 

以上がコラム参考キーワードリストの使い方になります。