これまでの時間より、これからの時間を大切に。

こんにちは。スイミーです。
読者の方からこのような相談をいただきました。

 
『高校三年生の18歳です。
わたしには好きな人がいます。ですがその人にはとてもかわいい彼女がいます。

そして、わたしとその人は体の関係です。好きな人と彼女は月に一回会えばいい方らしいのですが、わたしはバイトも同じこともあり週に3日は少なくても会います。

初めはお互いに適当な関係でいいやと私も思っていたのですが、だんだん執着心が出てきて、もうその人から離れられません。

相手はわたしが好きということを知っていて、別れてほしいと言ったのですが、彼女とも別れたくないし今の関係も切りたくないと言われました。

都合良くされていることはわかっているのですが、恋愛感情というより取られたくない気持ちが大きくて会いたいと言われたら会いに行ってしまうし、でも彼女に申し訳ない気持ちもあるし、自分が幸せになりたい気持ちもあります。

深く刺さったナイフの方が引き抜くのが痛いのと同じで、関係が深くなりすぎて離れることが辛くてしんどくて大きすぎます。

スイミーさんの意見が聞きたいです。』

 
ふむふむ。なるほど。
一緒にゆっくり考えてみましょう。

まず、あなたはご自分のことをよく客観視されていますね。しっかりと冷静にご自分を観察されています。おそらく恋愛ではないからでしょう。恋愛ではないからこそ、盲目にならず客観視できている。そんな印象を受けました。

そしてご自身が言われているように、これは「執着」でしかないように思いました。

人は時間や労力をかけた分だけ、無意識に見返りを求めてしまうものです。今回はご自身の体という大切なものを差し出しているので、ますます見返り(代償)のようなものを求めてしまっているような気がします。

それでは、彼と付き合うことで心が晴れるのかというと、きっとそうではないんですね。だってあなたが欲しているものは彼ではなく、「それまでに費やした時間と体」だから。

彼女よりも一緒に過ごしたたくさんの時間。何度も差しだした大切な体。それに相応だと感じるものが、あなたの場合「彼との未来」なのでしょう。

彼を愛しているわけではないのです。

 
さて、ご自身がおっしゃるようにナイフは深く刺されています。

ナイフを突き立てたままだとこれからも傷は広がっていきます。いずれ心臓に達するかもしれません。ナイフを抜いたら血が溢れますが、傷口はやがてふさがるでしょう。

あなたはどうしたいですか?

わたしはやはり、痛みを我慢してナイフを引き抜いてほしいなと思います。

これまでの時間より、これからの時間が大切です。これまでに費やしてきたものは勉強代だと割り切って、ぜひ、心身ともに愛され、愛する人と幸せになってほしいなと願っています。

ご相談してくださってありがとう。

お知らせです。相談用のメールアドレスを開設しました。ご相談いただいたものは、コラム上で回答させていただこうと思います。

swimmy@piece-app.com

お気楽にメールくださいね。

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ