【Piece恋愛相談室】男性にたいしての苦手意識が強く、現在25歳で一度も恋愛したことがありません。

Pieceの恋愛サポーターたちがあなたの悩みに回答する「恋愛相談室」。今回は『男性にたいしての苦手意識が強く、現在25歳で一度も恋愛したことがありません。』という悩みを相談してくれた「パンダ」さんに、恋愛サポーター「むらさき姫」さんから回答をいただきました。

パンダさんのお悩み

男性にたいして恐怖症とまではいきませんが苦手意識が強いです。そのせいもあって現在25歳でこれまで一度も恋愛をしたことがありません。

この先普通に恋愛や結婚などできないような気がしてそろそろ不安になってきました。克服するにはどうすればいいのかアドバイスをいただきたいです。

男性が苦手といっても、普通に会話はできます。ただ、恋愛対象として意識することができません。

自分なりに克服するために合コンに行ってみたり男性と二人で遊んでみたりと努力はしているつもりです。ただ、男性から「デートしたい」「会いたい」などの発言をされると途端にぞわっとするような感覚を覚えてしまいます。

それでも頑張って何度かデートにいきましたが、楽しむというよりも自分の中の恐怖心を押さえつけることばかり考えてしまい、帰宅したあとにはいつも大きな疲労感と解放感があります。

自分は恋愛できないんだ。と諦めてしまえれば楽なのですが、やはり一人は寂しいしいずれも結婚はしたいと思っています。

男性が怖くなったきっかけは自分でもよく分かりません。
両親は円満です。強いて言うなら、学生時代に異性から容姿のことをいじられてコンプレックスを持ったことでしょうか。

年齢も重ねてきたにもかかわらず恋愛経験が一度もないため親にも心配されています。

どうにかしたいと思っています。ご意見よろしくお願いします。

恋愛サポーター「むらさき姫」の回答

murasakihime7mc

パンダさん、恋愛サポーターのむらさき姫です。

男性に対して苦手意識が強いのを克服して、恋愛や結婚をしたいということですね。

大丈夫ですよ。
パンダさんは、自分の実現したいことに向けて、苦手ながらにも、合コンに参加したり、デートをしたりなど、行動にうつされていますよね。
そんなパンダさんなら、きっと素敵な恋愛ができますよ!

 
まず、恐怖心に関してですが、
話せる人には直接話すということがおすすめかなぁと思います。

パンダさんはデートもされてるということなので、「デートできる人」は見つけられてますよね。

おそらくそれは、誰でもいいわけではないと思うのです。何かしら、パンダさんと波長が合ったり、デートしてみてもいいかなぁぐらいは思ってる相手を選んでるはずなのです。

そのデートの相手に、素直にパンダさんが思っていることを打ち明けることで、少し恐怖心が和らぐのではないかなぁと思います。

「実はね、私男性ってちょっと苦手で…。デートもしたくないわけじゃないんだけど、疲れちゃうんだよね。だけど、◯◯くんとはせっかく知り合ったし、少しずつ仲良くなれたらいいなぁと思ってます。」とか、こんな感じで素直に伝えてみると何か変わると思いますよ。

人は誰しも、他人の心は読めません。だからこそ、自ら心を開くことが大切です。

打ち明けることで、離れていく人もいるでしょう。でもきっと中には、パンダさんのそんなところも含めて愛してくれる人も必ずいます。

デートしなきゃ!恋愛しなきゃ!結婚しなきゃ!
と、自らにプレッシャーをかけるのではなく、まずは異性のお友達、もっというと「親友」を探すつもりで、男性と接してみてくださいね。

 
そして、容姿のコンプレックスですが、
女性はメイクと髪型と服装で変身できます。

そして何より大切なのは、笑顔です!

私も昔は、バケツかぶった方がましとか、救いようがないブスだとか言われていましたが、メイクを覚え、笑顔の練習をたくさんしました。

焦って恋愛する必要はないけれど、本当に心からステキだなと思った人と出会った時に、自信を持って行動できるように、今のうちにできることは少しずつやっておくといいかなぁと思います。

 
パンダさんに素敵なご縁があるように、応援しています。
◆恋愛サポーター「むらさき姫」について
murasakihime7mc

これまでにのった恋愛相談は200件以上。「男性に振り回される恋愛は恋愛じゃない!」「恋愛のハンドルは自分で握れ!」「脱・助手席専門女子」をテーマに、女性が笑顔でいられる恋ができるように応援しています!

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Pieceでは皆さまからの恋愛相談を随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談は順次コラム上で回答を公開させていただきます。
(コラム公開後はツイッターでもお知らせしています!)

※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

恋愛サポーターたちが回答!
無料相談フォーム

このブログと一緒によく読まれているブログ