【Piece恋愛相談室】親友が私の好きな人と付き合いました。いつも選ばれない私にも幸せはくるのでしょうか。

Pieceの恋愛サポーターたちがあなたの悩みに回答する「恋愛相談室」。今回は『親友が私の好きな人と付き合いました。いつも選ばれない私にも幸せはくるのでしょうか。』という悩みを相談してくれた「さち」さんに、恋愛サポーター「むらさき姫」さんから回答をいただきました。

さちさんのお悩み

私はいつも選ばれません。32歳の独身女です。

親友が、私の好きな人と付き合うようになりました。

親友は、私の気持ちにはきっと気がついてるはずてす。

彼とは、外国語のサークルで出会いました。英語ペラペラでかっこいい。でも、どこか抜けてる彼が愛らしくて、私は会ってからすぐに好きになりました。

普段は自分からいかないのですが、彼は話しやすくて、自分から誘いました。三回目のデートのあと、告白しました。
答えは「考えさせて」と。この時すでに親友に気持ちが動いてたんだと思います。

彼女のこと、正直憎めるなら憎みたい。でも、親友も彼も失うのは辛すぎるから、今はとにかく考えないようにしてます。

始めに好きになったのは私です。そして、私の方が仲良くしてたはずです。年齢的にも、これが、最後の恋にしたいと思った。そしてこれが最高の恋でした。

でも、もう終わりです。親友や友人が好きな人と付き合うのを見るのはこれが始めてじゃないんです。

思い出したくないから、これ以上は話しませんが、いつも選ばれない私にも、幸せな日はくるんでしょうか。

恋愛サポーター「むらさき姫」の回答

murasakihime7mc

さちさん、恋愛サポーターのむらさき姫です。

親友が、自分の好きな人と付き合ってしまった…
本来なら応援したい親友の恋愛、しかし、その相手が自分の好きな人…つらいですよね。

質問が、「幸せな日はくるんでしょうか」ということなので、それにお答えしますね。
答えは「もちろん、幸せな日は来ます」です。

ただ、今のさちさんは、
きっと幸せになれると思えないから、相談をされてると思うので、まずはさちさんの傷を一緒に癒すところから始めましょう。

今回は、親友さんと彼、2人それぞれへの思いがありますよね。

 
まずは親友さん。

「親友は、私の気持ちにはきっと気がついてるはずです」
とありますが、もし、親友さんがさちさんの気持ちに気がついていたとしたら、きっとその親友さんも相当悩まれたと思います。
さちさんに言うべきか言わないべきか、恋を諦めるのか、続けるのかなどなど。

その上で、さちさん自身は、親友さんに本当はどうして欲しかったですか?

「付き合う前に打ち明けてほしかった」
「私の気持ちに気付いてるなら諦めてほしかった」
「できるならずっと秘密にしててほしかった」
など、いい悪いはないので自分の正直な気持ちに寄り添ってみてくださいね。

辛かったね、悲しかったね、悔しかったねとか自分に優しい言葉をかけてあげてください。恨みたかったら、恨んでも大丈夫です。感情を抑えず、流してみてください。紙に書くでもいい、部屋で叫ぶでもいい。そうすることで、だんだん落ち着き、癒されてくると思います。

今後の親友さんとの付き合い方は、傷が癒えてから考えましょう。辛くなくなるまで、一旦距離を置いてもいいのですよ。

 
続いては、彼ですね。

最高の恋だったとのことなので、とってもステキな人なのでしょうね。
まず、さちさんの偉いところは、いつも自分からはいかないけれど、今回はデートに誘って、告白もしたというところです。
好きな人ができても、待ってるだけでは、相手は来てくれません。さちさんのように、勇気を出して行動したことは、とても素晴らしいことなのですよ。

ただ、恋愛のように、相手があることは、自分の力でどうにかできることと、できないことが必ずあります。今回でいうと、デートに誘ったり、告白をするということまでがさちさんができること。そこから先は、さちさんがコントロールすることができない彼の領域なのです。

でもね、彼がさちさんではなく、親友さんを選んでしまったことをどうか、悲観的に捉えないでいただきたいのです。

例えば、パン屋さんを思い浮かべてください。
あんぱん、カレーパン、クロワッサン、ピザ…あんぱんが好きな人もいれば、クロワッサンが好きな人もいますよね。カレーパンは苦手な人もいたり、人それぞれ好みがありますよね。でもパンに優劣はないはず。人間もそれと同じなのです。
たまたま、この彼は、さちさんではなく、親友さんを選んだ。だけど、それによって、さちさんが親友さんよりも、劣っているとかではないのです。

さちさんも必ずステキな人と巡り会い、結ばれる時は来ます。
その時までに、さちさんができることは、「私はいつも選ばれない」と思って自分を卑下することではなく、いつステキな人と巡り合ってもいいように、常に自分を好きでいること。そのままの自分で、自分を愛せるような自分になること、です。

 
そして最後に、
恋愛は付き合うことがゴールではなく、付き合ってからがスタートです。

付き合う前に見てた彼と、付き合ってから見える彼は全然違ったりします。
付き合う前は、ステキな人だと思ってたけど、付き合ったらそうでもなかった。付き合う前は、あんまりステキな人だと思わなかったけど、付き合ってみたら最高だったなど。

だから、どうか、最後の恋や最高の恋と決めるのを急ぎすぎず、肩の力を抜いて、恋愛を楽しんでいただければと思います。
◆恋愛サポーター「むらさき姫」について
murasakihime7mc

これまでにのった恋愛相談は200件以上。「男性に振り回される恋愛は恋愛じゃない!」「恋愛のハンドルは自分で握れ!」「脱・助手席専門女子」をテーマに、女性が笑顔でいられる恋ができるように応援しています!

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Pieceでは皆さまからの恋愛相談を随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談は順次コラム上で回答を公開させていただきます。
(コラム公開後はツイッターでもお知らせしています!)

※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

恋愛サポーターたちが回答!
無料相談フォーム

このブログと一緒によく読まれているブログ