【Piece恋愛相談室】DVのトラウマが抜けません。どうしたらこのトラウマを克服できるのでしょうか。

Pieceの恋愛サポーターたちがあなたの悩みに回答する「恋愛相談室」。今回は『DVのトラウマが抜けません。どうしたらこのトラウマを克服できるのでしょうか。』という悩みを相談してくれた「ユーキャン」さんに、恋愛サポーター「オハナ」さんから回答をいただきました。

ユーキャンさんのお悩み

DVのトラウマが抜けません。

幼い頃には父親から暴力を受けました。
父は母にも暴力をふるっていて、そのときから男性が怖いという感覚があります。
ちなみに現在は父とは絶縁状態です。

20歳のときにはじめて彼氏ができましたが、彼氏も暴力を振るう人でした。

彼とはなんとか別れられたけれどこうも続くと私が悪いせいなのではないかとも疑ってしまいます。

また誰と付き合ってもまた暴力を振るわれるような気がしてそれからずっと恋愛できていません。

好きよりも怖いが勝ってしまうんです。。

どうしたらこのトラウマを克服できるのでしょうか。
また私は何を治したら良いのでしょうか。

どうかご意見いただけると嬉しいです。

恋愛サポーター「オハナ」の回答

オハナ

ユーキャンさん、オハナと申します。

この相談をする、その勇気ある行動、とても尊敬したいなと思いました。
自分の恐怖を打ち明けることは、とても恐いことだったと思います。

お父様からの暴力、元彼からの暴力。痛いと共に、とてつもなく大きい恐怖心も味わったと思います。
こうなってしまった時『連鎖している。ずっと繰り返すの…?』と不安になるのは当然のこととと思います。

彼は好きだけど、彼は恐い。
暴力は嫌だけど、彼は好き。
正反対のような感情に苛まれて、行動することが難しくなってしまうこともあったはず。

でも、お父様や彼からは今は離れられたとのこと。その行動も、きっと勇気あるものだったんだろうとお察しします。凄いと思います。ユーキャンさん、きっと、強い面もお持ちなんですね。

そう簡単に、傷は癒えませんよね…。それでもまた、誰かに恋をしたい。誰かを求めたいと思うその気持ちに、是非共感し、何かお力になれたら微力ながらもサポートしたいと思っています。

私も、父が昔から短気なところがあり、叩かれたことも多分…うろ覚えなのですが数回あります。家から出されたりとか…とても怖かった記憶があります。
『暴力』とはまでは言いがたいのですが…。

母は結婚前に内心、DVに走る恐れがあった父に対して不安を抱いていたことがあるようです。私は、実家に帰った時、同じ部屋にいるのが今もキツイと感じます。(昔よりは減りましたが…)

父のこの性格から、私は大きな音や怒鳴り声、誰かの『怒り』に非常に敏感になりました。職場で他の人が怒られていることも正直凄く敏感で、物凄く強く不快に思うタイプです。(自分が全くの無害であったとしても…)

最初に付き合った元彼も、初めは優しかったけれど、次第に言い争う事が増えて、時折ダンボールを蹴ったりして…。怒りを押し殺ししつつ『キレたらヤバイ』みたいな雰囲気を醸し出すようになりました。

『父親みたいなキレたら恐い人を私は選んでるの?』と不安に思った事があります。。。

ユーキャンさんは、ご自身もお母様も暴力を振るわれていたとのことで、私の味わった恐怖の何百倍、何千倍も強い恐怖心や痛みだったのだと思います。

そんなにも恐い思いをした、その記憶や感情。そのようなトラウマは、こうして中々取れずにいて、当然だと感じます。更に、その解消方法は一瞬、1日で失くせるものではないかもしれません。

ですが、内容を拝見した上で、ユーキャンさんがトラウマ解放の為にすぐ始められる事があるのではないかと考え、提案させてもらいたい事があります。

『トラウマを受けて出て来た感情に、ご自身でしっかり共感すること。』です。

その胸にある思いは、多分様々だと想像が出来ます。

例えば、お父様への怒り。
(私は、父のキレ気味な理不尽な言葉、行動に対して、かなり頻繁に心の中でブチ切れていました。実際に行動は出来なかったので、怒りや憎しみは相当積もり積もってました。)

ここでは、『私は悪くないのに、何であんなことされたの?!おかしくない!?私は何もしてないのに!』みたいな風に、自分の味方をして欲しいと思います。

あとは、おっしゃっていたような、恐怖。
『凄く怖かった。あんなに痛い思いして、このままどうなるのか、こんなのずっと続くのか、凄く怖かった!!』みたいに、自分の恐さをしっかり言葉にして受けとめてください。

こんな感じで、自分の中にある、あの時味わった感情を、それがどんなに汚い言葉でも汚い感情であっても、悲しみでも何でも、そのまま受けとめてあげてください。『もうこの世で1番辛かった私!!』って位に、受けとめてあげてください。

ただ、トラウマを抱えているとのことなので、どうしても1人でやるのが恐い場合もあります。誰か信頼のおけるご友人や、年上の方などと一緒のほうが良ければ、そうしてもらったほうが良いかもしれません。

『これで、何になるの?』というのは、『自分を自分が1番受けとめてあげて、受け容れることで、自分が本当に大切な存在だということを、強く自覚して欲しい。』ということです。

暴力や、他にも理不尽な言われようは、恐怖と憎しみを感じる事が多いですが、1番気付かない内に起こりがちなのは『自分を否定したり、卑下する気持ちが強くなってしまう』ということです。

本来自分は悪くないのに、『自分がダメだから、悪いから、こんなことされる』『こんなことされて、当然だ』のように、暴力など(言葉も含めて)受けている理由と自分を勝手に紐付けてしまう場合がとても多いんです。

それは、その時痛い思いを凌ぐ力にもなるけれど、クセのようになって親との関係以外でも、悪いことは同じように紐付けてしまうリスクもはらんでいるんです。

だから、『同じような事を繰り返す』と思うのは、実際のところは自分自身が『出来事を紐付けている』というパターンがとても多い。

でも、自分に起こることと、相手の行動って決してイコールじゃない。
相手の行動は、相手が責任を持つべきものだと思います。特に今回の暴力に関するものは、そうだと思います。ユーキャンさんは、何も悪くないし、嫌な思いを耐えた事はとても素晴らしいことだけれど、もう自分を癒して、幸せな人と一緒になるんです。

絶縁状態のお父様は、もう毎日顔を合わせてるわけじゃない。今は、いないんです。
ご自身の恋愛は、お父様とは関係ないんです。

ユーキャンさんは、自分で楽しい未来を作っていけるし、自分を幸せにすることがちゃんと出来るから、絶対大丈夫です。

きっと、トラウマだと思ってらっしゃるユーキャンさんの経験は、そんなに多くの人に話せることではないし、1番直近の彼の暴力についても相談出来る人は限られていると思います。だから、溜め込んでしまってるものも多くあるはず…。

自分でやる以外でも、出来る限り、辛かったことを感情そのまま吐き出して欲しいです。内容が、恨みつらみになっても良い。出しましょう。

先にお伝えしたように、1人でやる時は声に出しても良いし、厳しいようであれば書くのが無難かもしれません。

そうして、自分の感情を受け容れて、癒して…。あの時頑張った自分を褒めていけるような方向に持っていければ、少しずつ、少しずつ、変わっていけるはずです。

もし気持ちが向くならば、トラウマに関しては専門家に頼っても良いかもしれません。抵抗があるならば、無理にとは言いませんが、色んな人に是非助けてもらってください。

男性が恐いと思う感覚、私も今でも感じることがあります。
基本、男女云々と言うよりは『人』と会う機会が多いので、まず『人』として意識します。ですが、今も頻度はかなり少ないですが『男』を変に見せられてしまうと恐くなることがあります。(異性への、自身で制御出来ない抵抗感にも似たクセみたいなものがありまして…。)

嫌な過去って、まるで幻影みたいで、自分から追い払うのって凄く大変ですよね。
でも、いくら異性が恐くても、それ故女性としか付き合えなくても、『人』と付き合うことをユーキャンさんが諦めなければ、必ず男女の関係として、また今度はもっと素敵な幸せを掴む事が出来ると私は信じています。

大切なのは、『自分の想いを自分自身がしっかり感じ取ること』と『無理に異性を遠ざけることも、無理に関わることも。どちらもしないこと』。

焦る気持ちもあるかもしれません。年代が同じなので、世間的な目にも晒され負けそうになる事もあるかもしれないと感じました。この辺りは私の勝手な推測であれば、すみません。

男性を恐いと思う自分の気持ちを、どうか否定しないでください。治したい、どうにかしたいという気持ちを持つのは、自然なことですが、嫌な記憶や経験は、無理に消そうと思うとより強く感じてしまうと思います。

『男性が恐い、恋愛どうしよう。。。』という外側へ向けての気持ちより、ご自身の『感情』に目を向け、自分を癒す事により、ゆくゆくは周囲の異性にも肯定的な目を向けることがきっと出来るはずです。

自分と周りは繋がっていると聞いたことがあります。自分の変化から、周りの人の変化と、巡り巡って変わっていくと思います。

恐い気持ちがまた出て来たら、私もその恐い気持ちをどうしたら良いか、是非また共に考えさせて頂ければと思います。

この先、ユーキャンさんと共に考えてくれる人は、私以外でも『恋人』としてきっと現れてくれると思うから、同じく恐怖心を自分なりに癒し中でもある私と一緒に、諦めずに進みましょう!
◆恋愛サポーター「オハナ」について
オハナ

ライフチェンジカウンセラーとして日頃より相談活動をおこなう。悩みや問題の本質を見抜くのが得意技。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Pieceでは皆さまからの恋愛相談を随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談は順次コラム上で回答を公開させていただきます。
(コラム公開後はツイッターでもお知らせしています!)

※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

恋愛サポーターたちが回答!
無料相談フォーム

このブログと一緒によく読まれているブログ