【Piece恋愛相談室】3年間お付き合いした彼との別れ…。どうやって失恋から立ち直れば良いでしょうか。

Pieceの恋愛サポーターたちがあなたの悩みに回答する「恋愛相談室」。今回は『3年間お付き合いした彼との別れ…。どうやって失恋から立ち直れば良いでしょうか。』という悩みを相談してくれた「あやこ」さんに、恋愛サポーター「毒島サチコ」さんから回答をいただきました。

あやこさんのお悩み

はじめて相談させていただきます。
25歳の独身女性です。

今から2ヵ月ほど前に3年間お付き合いしていた彼氏と別れました。はじめての彼氏でした。

付き合っていた頃は彼氏に喜んでもらいたい気持ちから、あまり得意ではない会話を頑張ったり、プレゼントを頻繁にしたりと自分なりに努力しました。
はじめての彼氏ということもあって、それぐらい好きでした。

しかし別れる半年ぐらい前に私が仕事が大変な時期があり、彼のためにこれまでよりも時間を割けなくなってしまいました。時間だけでなく気持ちにも余裕がありませんでした。

次第にすれ違いも増えて、お互いに言葉がキツくなって最後は喧嘩別れのようになってしまいました。
(今はLINEもブロックされてしまっています)

別れてから冷静になり、今は後悔の気持ちが強いです。

また、ふとした瞬間に彼との思い出がよみがえり涙をこらえられなくなります。

あんなに好きだったのに、なんでもっと大切にできなかったのだろう。

そう考えれば考えるほど苦しい気持ちが沸いてきて前に進むことができません。

皆さんは失恋した時どうやってそこから立ち直っているのでしょうか。何かきっかけになるようなことがあればどうかご意見いただきたいと思い、今回相談させていただきました。

長文読んでいただきありがとうございます。

恋愛サポーター「毒島サチコ」の回答

毒島サチコ

あやこさんはじめまして。恋愛サポーターの毒島サチコです。

はじめての彼氏との別れ…とても辛い思いをされていらっしゃると思います。

あやこさんは彼に全力で恋をしていたのですね。それが「付き合っていた頃は彼氏に喜んでもらいたい気持ちから、あまり得意ではない会話を頑張ったり、プレゼントを頻繁にしたりと自分なりに努力しました」という文面から察する事が出来ました。まだ別れて2カ月、さらに彼と連絡が取れない状況だという事は「ああすればよかった」「こうすればよかった」という後悔で辛い日々を過ごしていらっしゃることだと思います。

 
さて、今回は「失恋から立ち直る方法やきっかけが知りたい」との事なので、あやこさんから頂いた質問をじっくり読みながら、時折私の経験談を交えつつご紹介したいと思います。

まずはあやこさんが別れてしまった理由を考えていきたいと思います。

あやこさんにとっての初めての彼…思い入れが強いですよね。付き合い始めは彼に好かれようと必死だったことと思います。

誰でも好きな人の前では本来の自分を出せず、一生懸命美しい自分を見せようとするものです。

恋は監督不在のシナリオのないドラマのようなもの。

女優になって「彼にとって都合のいい女」を演じることから恋は始まります。

自分は好きじゃないけれど、彼好みのワンピースを着てみたり、部屋着はジャージだけれど、彼とのお泊りの時はかわいいパジャマを新調したり……。

あやこさんも、「彼に好かれる自分でいたい」と慣れない会話を頑張ったり、プレゼントをして彼を喜ばせようとしたり、一生懸命努力されていたことと思います。別れる半年前まであやこさんはきっと女優だったのでしょう。

 
しかし、一つ忘れてはいけない事があります。

それは、自分の恋愛ドラマに監督はいないということです。

いつだって、ドラマにカットをかけるのは自分なのです。ということは恋の最中、どこかで女優から本来の自分をさらけだすタイミングを見つけないといけないという事です。

もちろん、彼の好きだった女優から、突如本来の自分をさらけだしすぎてもマンネリ化や別れを招きますし、自分が女優として演じ続ける事に疲れてしまって恋のエンドロールを迎えてしまう事もあるでしょう。

2つの自分の顔を使い分ける事が恋を長続きさせる秘訣と言えます。

 
あやこさんのケースで考えてみましょう。

最初は初めての彼氏という事もあり、一生懸命女優として自分の恋愛ドラマの主人公を演じられていたのだと思います。しかし、別れる半年前、仕事が忙しくなり、気持ちに余裕がなくなったタイミングで突如本来の自分の、それもかなり汚い感情を持つ本来の自分をさらけだしてしまった、ということが考えられます。

もしかしたら彼は、そんなあやこさんの変化についていけなくなってしまったのかもしれませんね。それがこの恋のエンドロールを迎えるきっかけになったのだと思います。

 
「今は後悔の気持ちが強く、前に進むことができません」と文面にはありますが、無理に前を向く必要はないのではないでしょうか。

 
実は私も20代前半で大きな失恋を経験しました。その当時、私は大学生。

徹底的に彼好みの自分になろうと、お金も時間をかけた恋でしたが、「思ったよりサチコはわがままだった。耐えきれなくなった」と突如別れを告げられたのです。

別れたのは夏休み期間中で、10日以上部屋に引きこもって、彼のSNSやLINEを眺めては泣く毎日でした。

 
そんなとき友達が「京都旅行行こうよ!」と誘ってくれました。

浴衣を着て清水寺に行った後、地主神社で恋みくじを引いて、「やっぱり凶だ!」と笑っては、夜はしこたまお酒を飲みました。酔った勢いでバイトに応募して、次の週からバイト漬けの夏休みを過ごしました。

その時、私は「多忙が失恋を癒す」ということに気付いたのです。

 
「いつか復縁できたらいいな」とやんわり思いながらも、多忙な毎日で、彼の事を考える時間が減っていったのです。気づけば、彼の事はすっかり忘れて、いつかまた別の誰かに恋をしていました。

 
「われわれを恋愛から救うのは、理性よりもむしろ多忙である」という芥川龍之介さんのことばがあります。

 
あやこさんが失恋から立ち直る方法、それは「彼の事を考える時間がないほど、多忙な日々を送る」ことではないでしょうか。ぽっかり空いてしまった彼と過ごしていた時間を、自己投資の時間に充てるのはいかがでしょうか。新しい趣味を見つけるのもいいかもしれません。そこから新しい出会いが生まれるかもしれません。

 
自分のために使う時間が増えると、必然的に自分に自信が持てるようになります。

次の恋をした時、その恋はあやこさんにとっての人生+α。

「恋人がいなくても生きていけるけれど、恋人がいればもっと人生は楽しくなる」と考えられるようになります。

 
そうすれば、次に好きになった人の前で最初は女優になってしまったとしても、本来の自分にも自信を持つことが出来ているはず。

自己投資に励み、自分軸をしっかり作ったうえで恋をすれば、恋をして「美しい女優である自分」と自分の時間を大切にする「本来の自分」の使い分けが出来るようになっているかもしれません。

一番良いタイミングでカットをかけながら、素敵なあやこさんだけのラブストーリーが生まれるのではないでしょうか。

 
今の辛い時期は、幸せになる為の充電期間だと思って、自分磨きをしてみてください。

そして、急がず、焦らず、あやこさんだけのラブストーリーを創ってくださいね。

恋はいくつになっても出来るのですから。
◆恋愛サポーター「毒島サチコ」について
毒島サチコ

恋愛コラムニスト。20代~30代向けの恋愛コラムを中心に女性のキャリアまで幅広いジャンルの記事を執筆中。

プロフィール詳細はこちら

PR.あなたの悩みもお寄せください

Pieceでは皆さまからの恋愛相談を随時受付しています。相談は下記のフォームよりお寄せください。いただいた相談は順次コラム上で回答を公開させていただきます。
(コラム公開後はツイッターでもお知らせしています!)

※すべての相談に答えられない可能性があることをご了承ください

恋愛サポーターたちが回答!
無料相談フォーム

このブログと一緒によく読まれているブログ