モテない女になってない? 見た目や言動で分かる6つの特徴と改善法まとめ

なぜかモテない女性っていますよね? 
美人なのに何故かモテなかったり、器量が良いのに何故かモテなかったり……。

実は、モテない女性には共通の特徴があります。

そこで今回は見た目や言動で分かるモテない女の特徴と、その改善法をご紹介いたします。

目次
1.モテない女に共通する言動の特徴3つ
2.モテない女に共通する見た目の特徴3つ
3.モテない女にならないための改善法
4.おわりに。モテない女の特徴を知れば、モテる女になれる

モテない女に共通する言動の特徴3つ

はじめに、モテない女性に共通してみられる言動の特徴3つをみていきましょう。

①「でも~」「だって~」から始まることが多い

他人から何か助言をもらっても、「でも」から始まる返答が多い女性はやはりモテません。他人からの意見を素直に聞き入れず、言い訳のような返しをするのがクセづいているパターンですね。

特に年齢を重ねた30代以降の女性で、ある程度の経験や自我がありすぎる人はこの傾向が強く見られます。

言い返したいことがあるときは「そうだよね、ありがとう。でもね…」と、一度肯定してから反論すると印象も変わってきますよ。

②文句が多い

ネガティブな発言は周囲の空気を悪くさせます。何かにつけて文句を言う女性ともっと一緒に居たいと思う男性は少なくなりますよね。

例えば、友人がセッティングしてくれた合コンで「タイプの人がいなかった」「年収低すぎ」「イケメンいなかったね」などの発言をされたら、友達も「この子の為に良い人紹介してあげよう」とはまず間違いなく思いません。

どんな物事でも、考え方次第で良いようにも悪いようにも捉え方は変わります。仮にイマイチな合コンだったとしても「普段会えない人と話せて楽しかったよ」と、プラスに考える事もできます。

発想の転換グセをつけると、自然とあなたの雰囲気も明るいものに変わっていくので是非意識してみて下さいね。

③プライドは高いが自尊心が低い

相手に求める条件が高すぎること自体は悪い事ではありません。しかし、モテない女性の大抵は自分に見合っていない相手を求めすぎている場合が多いのです。

「私はそういう彼氏無理だな~」「結婚して他人に合わせる生活できるなんて尊敬する」などなど、自尊心が低いため周りを下げる事で自分を上げようとする女性がまさにそうですね。とてもタチが悪いです。

悪意はなくても自尊心の低さと釣り合わないプライドの高さから、嫌味な発言をする女性は絶対にモテません。

改善策としては、プライドの高さに自分自身も追いつけばよいのです。理想の相手と同じ条件を自分も兼ね備えられていれば、理想が高いと周りから批判もされませんよ。

モテない女に共通する見た目の特徴3つ

次に、見た目でモテない認定されやすい女性の特徴3つをお伝えします。

①尖ったファッションが好き

男ウケファッションがあるように、その逆の男ウケが悪いファッションもあります。第一印象の8割はファッションで決まり、男ウケが悪いファッションだとやはりモテない傾向が強いです。

ファッションは個人の自由であり楽しむ事はとても素敵です。しかし、異性からモテたいのであれば第一印象で一人でも多くの男性に好印象を与えることは大切ではないでしょうか。

そこから相手の性格や趣味などを知ろうと思えなければ、どんなに相性のいい人と出会えても恋に発展しづらいのです。

男ウケにするならきれいめカジュアルが無難で大多数にハズレがないですが、普段のテイストを活かしつつやや一般人向けにしたファッションもいいですね。例えば、大好きなバンドTシャツを着つつもボトムにきれいめスカートを合わせると、同じ音楽好きの男性と話が弾むきっかけになるかもしれません。

個性を殺す必要はありませんが、モテる為の着こなしもできるようになると、もっとオシャレ上級者にもなれますよ。

②メイクが古くアップデートされていない

昨日まで自分を良く見せてくれてたメイクが、ある日突然裏切るような日が来ます。筆者も30歳を超えたあたりで鏡に映る自分に違和感を覚え、メイクとクローゼットの総改革を行いました。

しかし「私に似合うのは絶対このメイク!」と、頑なに20代の頃からテイストを変えない女性も居ます。筆者の経験上、30代になってもメイクが古い女性は大体空気が読めない、察する事ができない女性が多いです。

空気が読めない女性は当然モテにくく、更になぜかメイクも古いままであか抜けないので見た目にも違和感が出ます。このふたつの合わせ技で、メイクが古い女性はモテないと感じることが多いです。

生き方や経験で女性は身も心もどんどん変わっていきます。その時々の自分に一番しっくり来るメイクが出来ると、魅力はより一層磨かれていきますよ。

③年相応じゃないファッションとメイク

アラサー以降にもなると、モテる為に若作りを頑張る人がいます。その姿勢はとても素晴らしいですが、若作りの方向性を間違えるとただのイタイ女と思われる危険も…。

よくテレビで、40代なのに20代に間違われる美魔女特集をやっていますよね。確かにとても美しいですがやはりどこか不自然に感じたことはありませんか? その不自然な印象は、魔女という一言に集約されてると筆者は思います。

リアルに使える若作りは、マイナス3~5歳程度を目指すのが現実的です。

年相応の落ち着きと清潔感あるメイクとファッション、そこに透明感を加えられれば顔の造形に関係なくある程度モテますよ。特に年を重ねれば重ねるほど、元々の顔立ちよりもメイクやファッションの工夫次第で、天然美人よりモテるチャンスは増えるのです。

モテない女にならないための改善法

最後に、モテない女にならないための改善法をお伝えします。

不満を感じてもプラス思考で考え方を変える

「でも」「だって」と反論したい気持ちがあるのは、自我や意見をハッキリ持っているという事です。意見や要望が明確なことは悪い事ではなく、仕事面では役立つことも多く長所とも言えます。

しかし、対恋愛となるとハッキリしすぎた意見は刺々しい印象にもなりがちなのがモテない理由なのです。

そうならないためには、多角的な視点で自分を鑑みるのがおすすめです。例えば、苦手な料理が出てきたとしても「普段避けてるけど、せっかくだから今日は食べてみようかな」と発想を切り替えるのです。もしかしたらこれをきっかけに、ひとつ嫌いなものが減る可能性をそこに見出せれば、不満はチャンスに変化します。

意見をしっかり持っているあなただからこそ、積極的なプラス思考はできるはず。本来持っているあなたの長所を、もうひと工夫してモテる女に変化させてみて下さい。

同じ内容でも言い方を変える

これは筆者の実体験からも痛感するのですが、同じ内容を伝えるにしても言い方を工夫するだけで相手に与える印象は180度変わります。例えば相手の過ちを正すにしても「これ違うし」というよりも、「これ違うんじゃない? 」と、語尾を少し柔らかくするだけで全然印象は変わってきますよね。

言ってることや伝えたい内容は同じでも、この微妙な差がモテるかモテないかを大きく分けるのです。

話し方や伝え方が柔和なだけで、多少の毒舌や不満もなんとなく誤魔化されたりすることも非常によくあります。いきなり口調を変えるのが難しい人は、今までと同じく調でも少しゆっくり話すようにするだけでもいいですね。

人からどう見られるか、他人の意見を聞いてみる

ファッションや雰囲気というのは、自分で自分のことは正確には分かりません。そのため、モテる為にも他人からどう見られているか意見を聞いてみるのもおすすめですよ。

意見を仰ぐ人は、センスのある人や、モテる女性、モテる男友達などが特に良いですね。家族や親友だと仲が良すぎて、やや客観性に欠けることもあるので、最低一人は仲良し度とは関係ない女性か男友達に聞くようにしましょう。

意見を聞くときは、具体的に「このアイメイクどうかな?」「今日の服男ウケすると思う?」など、出来るだけ直球で聞くと相手も答えやすくなるのでおすすめですよ。

また、モテる女性と一緒に買い物に行くのも良いですね。モテる女性は、欲しいものよりも自分に似合うかどうかを基準にして買い物をしています。セルフプロデュースに長けている人との買い物は、色々と学ぶポイントが多いので機会がありそうならば是非積極的に出かけてみて下さいね。

おわりに。モテない女の特徴を知れば、モテる女になれる

今回お伝えしたモテない女性の特徴は、よく考えれば同じ女性からしても友達になりたくないものが多いです。友達ですら微妙な印象を抱くのに、男性からすればもっと遠慮したいと思われるのは仕方のないことかもしれません。

しかし、そこに気づいた瞬間から意識して気をつければよいのです。

人は何歳になっても必ず変われますから、もしも思い当る点があれば今から気をつければいいだけです。そうすればもっともっと素敵な女性になり、男性からだけでなく女性からも魅力的な人気者になれますよ。

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ