外見コンプレックスと上手に付き合う方法

こんにちは。つららです。
今回のコラムでは外見コンプレックスをテーマに、コンプレックスの原因から改善方法までご紹介いたします。

外見コンプレックスとすこしでも上手に付き合うための参考になれば幸いです。

目次
1.外見コンプレックスを感じる場面
2.外見コンプレックスができてしまう原因
3.外見コンプレックスの改善方法
4.最終的には外見より中身が大事!
5.まとめ

外見コンプレックスを感じる場面

それではまず、どのようなときにコンプレックスだと感じてしまうのか、考えてみましょう。

好きな人ができたとき

好きな異性に好意を抱いて欲しいと思った時、まず、自分の外見が気になります。「自分の〇〇が良くないから好きになってもらえないかもしれない」と、コンプレックスを感じます。

交友関係がうまくいかないとき

周囲の環境が変化すると新しい出会いがありますが、うまく交友関係を築くことができないと「こんな外見だから友達ができないんだ」と思ってしまうこともあります。

外見の良い友人とならんだとき

自分よりも外見が良いと感じている友人とならんだときにもコンプレックスを感じてしまうものです。一緒にうつった写真を見たときにコンプレックスを感じることもあります。

コンプレックスができてしまう原因

次に、コンプレックスができてしまう原因を見ていきましょう。

モデルや女優さんを目標にしてしまう

一般人とは別世界で活躍しているモデルさんや女優さんを見ていると、「あんなスタイルになりたい」「あんな顔になりたい」と思いますよね。

「ああなりたい」と思うことは悪くないのですが、強く思いすぎてしまって、追いつかない現実を目の当たりにしたとき「劣っている部分だらけだ」と、落ち込んでコンプレックスになってしまいます。

過去の傷が癒えていない

過去に容姿をからかわれたり、悪口や陰口を言われてしまいその傷が大人になっても癒えていないことがあります。

年月が過ぎて、周囲にいくら「そんなの気にならないよ」と慰められたとしても、過去に経験した苦い思い出を消化しきれずにいると、いつしかコンプレックスになってしまうのです。

私自身、何度も経験をしてきました。他人の心無い一言で、もともと無かった自信がさらに無くなり、人目を気にするようになり、気が付いたら全身コンプレックスだらけ…という状態です。

自分を見すぎる

自分のことを意識しすぎると、本来は気にしなくてもいい部分でも気になってしまいます。いわゆる「自意識過剰」になっている状態です。

そして気にしすぎてしまった部分は、気が付かないうちにコンプレックスとなってしまうのです。

外見コンプレックスの改善方法

コンプレックスを0にするということは非常に難しい事です。それでも、せめて今よりコンプレックスを感じて辛い日々を送ることがないようにするにはどのようにしていけばいいのでしょうか。

ここからは、外見コンプレックスの改善方法をいくつかご紹介していきます。

体型が気にならなくなる努力をする

例えばダイエットをすることでコンプレックスがなくなるのであれば、少しずつ運動を始めてみましょう。すぐに結果が出なかったとしても、「努力できている自分」を自身で感じることによって、少しずつ自信がつきます。

ダイエット以外にも、洋服のコーディネートを少し研究するだけで、コンプレックスをカバーできます。雑誌や、洋服のカタログ、街中の人たちを参考にして、ピンとくる着こなしを積極的に試してみましょう。

顔が気にならなくなる努力をする

自分のコンプレックスに感じている部分をうまくカバーできるようなメイク方法を研究し、実践することで、今まで嫌いだった部分にも自信をもつことができるようになります。

女性に限らず、今の時代、男性もメイクをすることが少しずつ浸透してきているので、男性でメイクに抵抗がないのであれば、挑戦してみる価値はあります。

髪型で顔の輪郭などをカバーすることもできるので、メイクの研究だけではなく、ヘアースタイルの研究もしてみることをお勧めします。

自分で自分を受け入れる

コンプレックスを克服するために必要なのは、まず自分で自分を受け入れてあげることです。

外見でコンプレックスを抱えている人は、たとえ周りに「そんなに気にするほどじゃないよ」と言葉をかけられたとしても納得ができません。何より必要なのは、周囲ではなくて自分で自分を「受け入れること」なのです。

誰に何を言われても揺らがない「自分」を確立することができれば、コンプレックスを受け入れることができるのです。

夢中になれる趣味を見つける

一度コンプレックスだと感じてしまう部分があると、その部分に気を取られてしまいがちです。そんなときには、なにかひとつだけでも夢中になれる趣味を見つけてみましょう。

夢中になれる趣味を見つけることでコンプレックスから意識を遠ざけることができるようになり、気づいた頃には、気にならなくなっているのです。

自分の好きなところを見つける

短所にばかり気を取られていては、せっかくの長所も隠れてしまいます。短所があれば必ず長所があります。自分の長所を探し、「ここは好きだ」という部分を増やしていきましょう。

「ここは好きだ」と思える部分がひとつずつでも増えていけば、おのずとコンプレックスに感じていた部分も、気にならなくなります。

自分を卑下する言葉を言わない

「私は可愛くないから」「私は太っているから」「私は足が短いから」「私は鼻が低いから」…などと、自分のことを悪くいう言葉は言わないようにしましょう。

言葉とは不思議なもので、口に出していると本当にそのようになっていってしまいます。自分を卑下するような言葉を言いがちなのであれば、それは今すぐにやめましょう。

過去に傷つけられた言葉は気にしない

心無い言葉をぶつけられ、傷ついた過去は私にもあります。ですがその言葉にいつまでもとらわれていては、自分の素敵な部分すら封じしてしまいます。

少し難しいかもしれませんが、他人を傷つける言葉を平気で発することができる人のことなど忘れてしまいましょう。そうすることで、あなたの素敵な部分が全面に表れるのです。

年齢(時間)が解決してくれる

10代や20代の頃はコンプレックスに感じていたことでも、年齢を重ねていくにつれて自然と受け入れることができるようになります。

私自身も、10代の頃からコンプレックスに感じていた部分が10年経った今では当時ほど気にならなくなりました。それは年齢を重ねるうちに「こういう部分があっても仕方ないか」と、良い意味で諦められるようになったからです。

「諦め」というとマイナスイメージが強いかと思いますが、自分が上を向いて生きていくために、時には「諦める」ということも必要です。いつまでもコンプレックスを気にしながら過ごす毎日では楽しくありませんよね。

コンプレックスがあるせいで、思うように物事が進まないと感じているのであれば、「まぁいいや。これが自分なんだ」と、良い意味での諦めも大切なのです。そしてそれは、年齢・時間を重ねることで自然と身に付いていきます。

最終的には外見より中身が大事!

「人は見た目よりも中身だよ!」と言われたって、なかなか受け入れられないのがコンプレックスです。でも本当に、人として大切なのは外見ではなく中身です。

いくら可愛いお洋服を身にまとっていても、性格が悪ければ人付き合いは長く続きません。もちろん恋愛だって長く続きません。

「美人は三日で飽き、ブスは三日で慣れる」なんてことわざがあります。確かに美人な女性と一緒にいれば、ウキウキするかもしれませんが、男性は美人過ぎると返って緊張して萎縮してしまうのです。

その点、完璧な美人より少し外見で欠点がある方が恋愛関係では長続きするものなのです。

中身で恋愛できる人を探すならマッチングアプリがおすすめ

マッチングアプリにもさまざまな種類がありますが、このサイトの提供するアプリのように内面重視のサービスの場合は、中身で恋愛したい人たちが集まっているのでリアルの出会いの場よりもおすすめです。

コンプレックスが原因で周囲との距離を置いているのなら、このようなマッチングアプリを利用し、自分の外見ではなくて内面に自信をもっていくという方法もあるのです。

まとめ

以上、今回のコラムでは外見のコンプレックスと上手に付き合う方法を紹介いたしました。

自分のことを100%好きだという人はなかなかいません。誰にでもコンプレックスのひとつやふたつはあるのが自然です。

コンプレックスばかりに気をとられて貧しい心になり、つまらない日々を過ごすことは悲しいことです。コンプレックスを何もかも無くすということは難しいことですが、少しだけ視野を広げて他のことにも気を向けてみてください。今まで気が付かなかった素敵なものが、きっとたくさんあります。

そういった素敵なものに触れて、心に「ゆとり」をつくり少しずつ自分のコンプレックスを減らしていくことができれば、今までより楽しい毎日を過ごすことができますよ。

この記事が少しでもコンプレックス解消のお役に立てれば幸いです。

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ