恋愛依存症を手放して幸せな恋愛に変える6つの克服法

「恋愛は楽しいはずなのに、なぜか依存してしまう。」そんな悩みを抱えると相手をどう思っていいのかわからなくなることもあります。

できるならいつも安心して笑い合える関係で痛いですよね?

そこで今回は恋愛依存症を手放して幸せな恋愛に変える6つの克服法をお伝えします。今後の参考にしてくださいね。

目次
1.恋愛依存症とは
2.恋愛依存症になりやすい人の特徴
3.恋愛依存症を幸せな恋愛に変える6つの克服法
4.おわりに。恋愛は幸せを感じること

恋愛依存症とは

依存症と聞くと「薬物依存症」や「アルコール依存症」です。自分の不安や心配をどうしても止められない時、手を伸ばしてしまい止められない状態。

恋愛依存症も恋愛や相手に依存してしまい、存在を感じられないと生きていけないと思ってしまうことです。

具体的には、彼氏(彼女)がいて幸せなはずなのに「もしかしたら別れるかも知れない」「嫌われたらどうしよう」と思ってしまう。相手のスケジュールを気にしたり、かかってきた電話を浮気だと疑ったり。また相手のことを必要以上に求める行為でもあります。

心配や不安が止まらなくなって相手を束縛すると、「重い」と言われたり別れを告げられたりする原因になります。

依存症とは行き過ぎた行為であることを、心においてくださいね。行き過ぎた行為はあなただけでなく、周りを悲しませることにもなります。

恋愛依存症になりやすい人の特徴

恋愛依存症は、自分に自信がない人、自分を否定しまう人に多く見られます。また頼られると断れず、全力で答えようとする人にも多く見られます。

最初は相手の幸せのためにと頑張るので、相手に対して心の矢印が向きます。そこから「もっと私の褒めて欲しい」「もっと僕のことを知って欲しい」と自分にたいして心の矢印が向くようになり、相手の反応がうすくなると途端に心配になったりするのが特徴です。

また、恋愛依存症になりやすい人は育った環境に大きく左右されます。だからあなた自身のせいではない場合もあるのです。

例えば、お兄さんが優秀で自分は親に褒められなかった、両親が共働きで自分に関心を持ってくれなかったなど。甘えられない環境や、自分らしさを発揮できない状況で育った人は依存症になりやすいと言えます。

恋愛依存症を幸せな恋愛に変える6つの克服法

①自分を好きになる

恋愛依存症になると相手のことばかり考えて、自分のことを大切にすることが少なくなります。あなたの人生はあなたのものでもあるのです。相手と同じくらい自分を好きになりましょう。

どうしても自分のことが好きになれない時は、まずは紙に書くことをおすすめします。そして、下記のように自分の短所とその逆を書いていく方法です。

人見知り

相手を知ってから話すのが得意
優柔不断

好奇心旺盛で絞れない
判断力に欠ける

相手の意見を重視する

などなど、あなたが短所と思っているところは、実は長所なのです。どんなことも長所として受け止めましょう。

彼氏(彼女)と一緒にゲーム感覚で遊んでみるのもおすすめです。

②自分を褒める

自分を好きになるには、褒めることが大切です。自分を褒めることが上手な人は、相手を褒めることも上手くなります。

褒めるところがないとしたら、1日の行動を思い出してみましょう。

朝起きた。
歯を磨いて、顔を洗った。
服を着替えた。
朝食を食べた。
仕事に行った。

これだけでも十分褒められることばかり。ただのルーティーンと思わず、行動できたことを褒めましょう。

朝起きれない人もいます。働かず引きこもっている人もいます。あなたはしっかりと毎日を過ごしている素晴らしい人だということを忘れないでいてください。

③相手に求めすぎない

彼氏(彼女)も一人になりたい時があります。友達と過ごしたい時もあります。そのことを許してあげましょう。

またすべてにおいて同じ価値観ではないことを認めることも大切。育ってきた環境が違うから、過ごしてきた友達が違うから仕方ないのです。同じじゃないから面白いのです。

同じじゃないから引き寄せられると知りましょう。すべての思いが通じたとしたら、最初は楽しいけれど意外と飽きるものです。

④趣味を作る

彼氏(彼女)がいない時間に夢中になれる趣味を作りましょう。趣味が思いつかなければ、映画を見に行ったり、美術館に行ってみるのもおすすめです。料理教室やスポーツなど無料で体験できることならチャレンジしやすいですよね。

あなたが一歩踏み出すことで、新しい友達ができたり思わぬところで発見を体感できます。その体験や体感を彼氏(彼女)と共有できたら楽しみも広がります。

あなたが楽しそうにしている姿や、新しい話題を話してくれたら相手もきっと幸せを感じるでしょう。

⑤友達に相談する

あなたが抱えている感情を外に出さずにいることはありませんか?
恋愛依存症の人の特徴として人に気を使いすぎる傾向があります。自分の悩みを誰にも打ち上げず、そのネガティブな気持ちがどんどん膨らんで、身動きできない状態になっては危険。

あなたが信頼出来る友達に、心の中を打ち明けましょう。相手からの親身なアドバイスをもらうことも大切です。また話しているうちに「あれ?大したことないかも?」と思えることはたくさんあります。解決策に気づくことも、よくあることです。

「思考のデトックス」をすることがあなたの心を整理してくれるでしょう。

⑥呼吸を整える

心を落ち着けるには呼吸が大切です。いつもいつも不安を感じていると心も体も疲れてしまいます。不安な時は呼吸が浅く速くなっています。深くゆっくりと腹式呼吸にしてみましょう。

おすすめの呼吸法
  1. メモに不安に思っていることを書きます。
  2. そのメモを胸に当てて目を軽く閉じます。
  3. 鼻でゆっくり吸って、鼻でゆっくり吐きます。
  4. 呼吸しながら「大丈夫」を頭の中で言います。
  5. 10回ほど繰り返したら目を開けます。

呼吸をゆっくり行うことで体があたたかくなって、心が落ち着いてきます。そのメモにしっかりとお別れしながら捨てましょう。

腹式呼吸をすると幸せホルモンの「セロトニン」が出るので笑顔も輝いてきますよ。

おわりに。恋愛は幸せを感じること

以上、今回のコラムでは恋愛依存症を手放して幸せな恋愛に変える6つの克服法をご紹介いたしました。

恋愛は依存することで、悲しみや切なさが生まれます。本来、恋愛は幸せを感じることです。

頑張りすぎず力を抜いて、もっとあなたらしい幸せを引き寄せましょう。

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ