恋愛の「感性」忘れるべからず

恋愛に関して、自分を戒めることがあります。

それは「頭で考えることばかりに囚われないこと。行動論やテクニックやら、男はこうだ、女はああだ、ばかりに囚われないこと」。

自分の恋愛観や知識に自信がない私は、自分の勉強も兼ねてよく本を読みます。しかし『知識云々も大切だけど、自分の感性や直感を大事にね』と言ってくれる本は多そうで少ないなぁと思うのです。

女性には『甘えよう』と、男性には『アドバイスより共感を大切に……』なんて、まぁそうなんだろうけど、そこばかり意識して『好かれるために……』って頑張るのも素敵だけどさ。

つ…疲れるじゃん!!!笑

自分らしく、相手に気を遣わずに……。

そんなの出来たら苦労しないかもしれないけれど、苦労して、しんどいけど頑張って、相手と過ごしたくないでしょう。

私も一緒にいて疲れることがすごーく沢山ありました。それは恋人でなくても、友人でも職場の人間関係でも親でも同じ。

自分以外にはどこかやっぱり気を遣ったりするじゃないですか? しないよ! と言えるなら、それは最高かもしれないけど。そんな関係、私も欲しいとか思ってしまいます。笑
 

私は気を遣うことが沢山あります。頭を使います。それでも人と関わりたいとも思うから、人付き合い辞めようとかはないけど……。でもやっぱり、疲れることが多いよね!(ドヤ顔風。笑)

でも疲れることが多いからこそ、疲れない人はすごーく楽で印象に残ります。

疲れない人は考えようとか全く考えずに、むしろ何も考えずに一緒にいます。どうテクニック使えば……とかはありません。そして後から『なーんも考えてなかったなぁ〜。でも一緒にいれたなぁ〜。楽しかったなぁ〜』とか思います。
 

これまでの恋人は、やっぱり疲れない人が多かったのです。そりゃ、疲れる人とずっとは過ごせないし、結婚は考えられなかったな。だって、何年も何十年も一緒にいるかもしれないのに、疲れてたら嫌々やってる仕事みたいになってしまいます。

そして逆に、記憶に残って楽しいと、心に残ってまた会いたくなって、一緒にいたくなります。

この先またそんな異性に会えば、結婚したいとか、その人にそっくりな子供が欲しいとか、その人が自分と一緒になって幸せに感じてくれたら……と思うのでしょう。

また友人なら、一緒にこの先もちょこちょこあって過ごせたらと思うのでしょう。
 

『自分と一緒にいてもっと幸せと感じてくれたら……』

そう思ってくれる人が、1人2人、あなたにも私にも増えてくれたら、そうするために。やるべきこととは……?

恋愛テクニックやら、好感を持ってもらえる技も必要かもしれません。頭ですごーく考える必要もあるかもしれません。そういうのを学んだっていいのです。どんどん身につけてくれるのもいいけれど。

自分やあなたが何を幸せに感じるのか? 幸せだと思う出来事を増やしたり、気持ちが上がったり、心が嬉しいと思うことを増やして、幸せに思うことに敏感になることが実はものすごーく大切。

頭で考えることが多い私にとっては、直感やら感情ってすごーく大事です。これを意識しないと私は簡単に自分の感覚を忘れてしまったり、麻痺させてしまうのです……。
 

最近、夜遅くまで仕事をしていたので、もはや毎日『疲れた……』と思っていました。そして余裕出てくると『恋したい』と思って、感覚重視に戻ってきたりなんだり……。笑

最終的には、感覚です。好きな相手を嗅ぎ分けるのは自分だけの嗅覚でしかない。好きだという気持ちはあなただけの感情です。人に『えーそんな人?』みたいなこと言われても、やっぱり好きなものは好きです。

自分しかないその大切な『好きだ』という感情。頭で考えたり振る舞いばかり気にしていては、おざなりになってしまいます。テクニックは誰かを好きだと思ってから学んでも良いと思うんです。

技が優れているか? よりも『あなたが好き』という感情で、愛情を注ぎたくなったり、注がれることに幸せを覚えます。誰かへの愛情って、そうして深く長くなったりすると思うから。

そうなっていくと、技とかどーでもよくなって、好きになっちゃったりするんですよね、多分。笑

自分の感性を大切にしなきゃいけないこと、これを読んでくれているあなたも私も、忘れないでいて欲しいなぁなんて思いました。

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ