当たり前に出てくる女性の恋愛の不安とは?原因と解消方法について

こんにちは、Piece恋愛サポーターのセイヤです。

 

恋愛をしていれば、不安を感じることもあるのではないでしょうか?

メール・LINEが返ってこないとか。

自分以外の異性と仲良くしていると知ったときとか。

 

でも、こういう不安は、自然と出てくるものです。

特に女性は、男性と比べてより不安を感じやすい性質を持っています。

 

女性が恋愛に関する不安を感じやすい理由は?

それはなぜかと言えば。

脳内物質である「ドーパミン」と「セロトニン」が関係してきます。

 

実は、セロトニン(癒し系ホルモンとも呼ばれる)が少なくなると、不安な気持ちが湧きやすくなります。

で、女性のセロトニン分泌量は、なんと男性の半分しかない、という研究結果がある。

だから、恋愛してたら不安を感じるのは当たり前、という前提で、今回の記事を読んでみてください。

 

恋愛をしていて不安を感じる瞬間ってどんなとき?

女性が恋愛で不安を感じやすくなる瞬間とは?

  • 連絡をなかなか返してくれなくなったとき
  • 彼がほかの女性とも仲良くしているとき
  • デートの回数が少なくなったとき
  • 遠距離恋愛をしているとき
  • 本当に自分のことが好きなのかどうかわからなくなったとき

こういうとき、不安を感じやすくなるものです。

 

傾向としては――

男性の行動の変化が起こったときですね。

 

付き合う前は頻繁にメールしてたのに、急にメールの回数が少なくなったとか。

あるいは、ほかの女性に気があるのではないか?と感じたとき。

そういうとき、女性は不安や心配を抱えやすくなります。

 

男性側としては、それは恋愛の駆け引きで行なっているのではなく。
無意識で行なっていることがよくあります。

 

付き合い始めたから、と安心して。

頑張っていたメールの回数を、負担にならないくらいに減らしたり。

恋人を作るために我慢していた趣味を再開して、そのために彼女と過ごす時間が減ってしまったり。

 

男性にとっては普通の行動というか、これくらい大丈夫だろうと思って取る行動なんですよね。

でも、女性にとっては、それが不安にさせる行動だったりするわけです。

 

じゃあ、恋愛の不安を解消するために何をすればいいか?

恋愛の不安解消方法

上記で挙げたとおり、原因は女性と男性の考え方の違いです。

男性にとっては当たり前のことが、女性にとっては非常識なことになる。

 

逆に、女性にとっては当たり前のことが、男性にとっては非常識なことになることもあります。

だから、大抵の場合、コミュニケーションで解決される問題、と言えます。

 

つまり、不安な気持ちを相手に伝えればいいという話。

 

自分の意見を伝えて、彼氏にどうして欲しいのか?を素直に伝える。
仕草で伝えたり、やんわり伝えるのももちろんありですが。

それだけだと、気付いてもらえない可能性があるんです。

 

だったら、ハッキリ言葉にして伝えたほうが良くないですか?

 

それから、もう1つの方法として。

自分に自信を持つ、というものがあります。

 

自分が主体でいる方法ですね。

恋人ができると、彼氏に依存してしまうとか、献身的に相手に尽くす女性は要注意。

 

恋が全部とか、相手が主体になると、依存しやすくなります。
彼氏に依存すると、彼氏の行動がすべてになる。

そうではなく、もっと自分に主体を置いてください。

 

恋愛のほかに、やりたいこと――

趣味を見つけたり、自分を輝かせることを意識してみる。

そうすると、不安なことだけに意識が集中することはなくなります。

 

恋人といるときはもちろん楽しいけれど。
でも、一人でいるときも楽しい。

友達と過ごしたり、趣味に打ち込んでいるときも楽しい、となれば。
恋愛に依存しなくて済みますよね。

 

それが、恋愛中に余計な不安を抱え込まないための秘訣です。

恋愛の不安を抱えやすい方は、ぜひ意識してみてください。

 

それでは、セイヤでした。

 

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ