大学生の恋愛が始まるきっかけは?出会いのパターン8つ

大学生といえばやっぱり恋愛したい!
そう思う方も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは大学生の恋愛が始まるきっかけとしてよくある8つの出会いを紹介します。

大学生の恋愛が始まるきっかけとしてよくある8つの出会い

サークルでの出会い

大学生ならではのコミュニティといえばサークルですよね。
テニスや野球、サッカーなどの運動サークルはとても人気です。

運動はあまり得意でないという方にもアカペラ、演劇、軽音などの文化系サークルが盛んです。それから、よさこいとダンスサークルもかなり人気がありますね。他にも、ボランティアや起業したい人が集まるサークルや学祭実行団体といった高校時代にはあまりなかったようなサークルがあるのが、大学ならではです。

サークルを選ぶ動機は様々ですし、1つのサークルに特化する人もいれば、いくつか器用にかけもつ人もいます。どのサークルをどんな理由で選んでも、サークルは何かをみんなで協力してする団体なので、メンバーと話す機会が必然的に増えるんです。

これが恋愛にとってはすごくプラス。
サークルの普段の活動について色々話のネタがあるから会話がしやすいし、仲良くなりやすいんです。

そして、先輩、同期、後輩といった様々な年齢層と知り合えます。サークルによってはOBさんともお話しできます。また、他サークルと行動する団体も多く、その場合はさらに出会いの幅が広がります。しかも、同じ人と何度も顔を合わせる機会が多いです。

だから内気な人、初対面の人にあまり自分のキャラを出せない人にもおすすめです。時間をかけて、少しずついろんな一面を見せていくことが可能だからです。

このようにサークルは恋愛においてまさにうってつけなのです。

アルバイトでの出会い

大学生になると、高校時代と比べてバイトをする人の割合ががぐんと増えます。

たとえばサークルにはけっこうなお金を使いますし、大学生になると自由な時間が増える分、娯楽も増えます。旅行やフェスといった趣味のためにお金を稼ぐという学生は多いです。また、学費や生活費をを稼ぐためにバイトをする勤勉な学生もいます。2つ3つのバイトを掛け持ちする人も多いです。

バイトは予備校のチューターや家庭教師といった教育系、居酒屋やカフェといった飲食系、そしてコスメや本屋さんなどの接客販売系が人気です。一風変わったバイトも多く、たとえば、リゾートに行って一夏を他の大学生とともに海の家で働くリゾートバイトや、映画やドラマのエキストラをするバイトもあります。

バイトではお給料をもらう以上真剣に取り組まなければなりません。
そこでバイトメンバーとは真剣に話し合ったり、お互いに助け合ったりすることが日常茶飯事です。相手が先輩なら仕事について質問して教えてもらうこともあります。

このように話すきっかけがたくさんありますし、仕事中と休憩中、いわゆるオンとオフがあることで普段は見せない自分を見てもらったり、また相手の意外な一面を発見できることもできます。これが恋愛に繋がるのです。

もちろん将来社会に出る上で役立つことは言うまでもありませんし、自分を見つめるいい機会になります。このように、バイトはお金を稼ぎながら出会いのチャンスを増やせるのです。

授業での出会い

大学生になると高校時代までとは違って、自分である程度好きに時間割を組めます。
様々な学問を幅広く学びたい人、これと決めた専門分野の勉強に特化する人など様々ですし、朝にたくさん授業を入れる人もいれば、朝はたっぷり寝て昼以降に登校する人も。

このようにそれぞれが主体的に選択している授業では、やはり同じ分野に興味があるということで話が弾むことも多いです。

また、語学の授業は必須で、出席も厳しいのですが、そのため定期的に顔を合わせ、ペアワークやグループワークもあるからか気心がしれやすいですね。

授業にはテストがつきものなので、テスト情報を共有したり、分からない問題を教えてもらったり、自然に話せて距離を縮められる機会も多く、恋愛に発展しやすいです。

留学での出会い

大学生になると留学のチャンスも増えます。
留学は最短で2週間くらいからあり、現地にホームステイして語学学校に通う短期留学から、一学期間、1年間、もしくはそれ以上を海外の大学で現地の学生と同じ授業を受ける長期留学まで様々です。最近は働きながら語学を学ぶワーホリも人気です。

留学は出会いの宝庫。
同じ日本人はもちろん、様々な外国人と出会うことができます。

日本での大学生活と違って勉強が難しいことが多く、バイトもあまりしないので、必然的に同じ学校の人と過ごす時間が多く、仲良くなりやすいですね。留学する人は社交的な人が多いので、友達になるまでの期間も短いし、自分の友達を紹介してくれて、どんどん友達の輪が広がることも。

また、相手が外国人の場合お互いの文化を紹介したり、お互いの母国語を教えあったりと話題も豊富です。日本にいると出会う機会がないような人にもたくさん出会えます。

このように留学は出会える人の幅がとても多様で、恋愛がしやすい傾向にあります。

合コンでの出会い

大学生になると合コンが活発になります。
だいたい男子と女子の割合が半々で6〜12人くらいで開催されます。合コンでは普段の生活圏では出会えないような人とも会えるのが魅力です。

学部別、学校別タイプやもしくは幹事の男女がそれぞれ友達を連れてくるといったあまり共通点のないタイプの合コンがあります。

たくさん参加すればするほどご縁が広がりますし、初対面の異性と話す練習にもなるのがいいですね。

マッチングアプリでの出会い

近年ではマッチングアプリでの恋愛も急増しています。
知らない人とネットを介して出会うのはなんだか不安という人もまだまだいるかと思いますが、最近は安心して使えるアプリも増えています。プライバシーを守る取り組みや遊び目的の人を避ける仕組みのあるアプリが安心して使えるものと言えるでしょう。

口コミやアプリの評価などを確認して、第三者の意見も参考にしながら自分に合ったアプリを見つけてみましょう。

アプリのいい点は、その出会いの可能性の無限さ。
言うなれば、アプリに参加している人全員があなたの恋愛対象です。

現在自分が恋愛できそうなコミュニティに参加していなかったり、勉強やバイトが忙しくて出会う時間がないと感じていても、まずは気になる人とメッセージをやり取りするだけでいいことから手軽に始められます。

また、普通はある程度仲良くならないと聞けないような趣味や性格、恋愛観、求める恋人像などを事前に知ることができるのも魅力。

自分に合いそうな人をピックアップしやすいので効率的に恋愛の機会を探せますよ。

友人の紹介での出会い

親しい友達や先輩からの紹介も恋愛のきっかけになります。
自分の知り合いが紹介してくれるということは、相手の身元や人柄の良さがある程度保証されているということ。

あなたの性格や良さを少なからず知っている友人が紹介してくれるので、自分に合う人と出会える確率が高いです。

例えるなら、友人がマッチングアプリの代わりをしてくれている状態ですね。

趣味での出会い

サークルに少し近いですが、趣味を通した出会いも恋愛が始まりやすいです。
趣味はアイドルやゲーム、演劇、プロ野球などスポーツ、料理など本当になんでもいいんです。

趣味はなんといっても自分が好きなことなので、話すにも活動するにも熱が違いますよね。好きなことに一生懸命な姿は人を惹きつけます。

もしいい感じになったり、お付き合いに至った後も一緒に楽しめるのがいいですね。

おわりに

以上、今回のコラムでは大学生の恋愛が始まるきっかけとしてよくある8つの出会いを紹介させていただきました。

ここまで紹介したものよりは少数になりますが、他にもボランティアやインターンシップなどが付き合うきっかけになることもあります。

一度きりの大学生活です。
なんでも自分がやりたいことに挑戦して、色々な人に出会って、そして、素敵な恋愛をしてみてくださいね。

恋愛応援アプリ『Piece』リリース!
Pieceは自信がない人の恋を応援するアプリ。恋人マッチング・恋愛相談・恋愛コラムの3つのサービスであなたの恋を応援します。人気の相談サイト「ココトモ」が運営。ただいまリリースキャンペーン開催中!
Pieceの詳細はこちら

このブログと一緒によく読まれているブログ